So-net無料ブログ作成

映画「十三人の刺客」出演 役所広司さんインタビュー

映画「十三人の刺客」出演 役所広司さんインタビュー
島田新左衛門(刺客達を率いるリーダー)を演じる役所広司さんに映画「十三人の刺客」についてお伺いしました!

>役所さんと、三池崇史監督の初顔合わせ。最初に聞いたときは、びっくりしたし、正直、どうなるんだろう?と心配していたんです。
「いやいや、三池監督の映画に参加することを心から楽しみにしていたし、現場は期待以上でしたね。三池監督の何がすごいって、『画はつながってなくてもいい。気持ちがつながっていれば』と断言するところです」

>演じる俳優の側の気持ちがつながっていれば、カットとカットはつながるということですか。
「そう。『十三人の刺客』はロケの多い作品でしたから、日によっては天候が違ったりもする。『でも、気にするな』と。『気持ちがつながっていれば、それはつながるんだ』と」
>なるほど。それは役者として気合いが入りますね。
「だからでしょうね。キャストはもちろん、スタッフも含めて、現場が一丸になれるんですよ。その迫力は、しっかり映画に反映されていると思います」

>この映画は、侍の存在意義が揺らいでいる時代の物語。それだけに、侍の生と死、その朽ちぬ美学のようなものが太く強く伝わってきます。
「時代劇がこれだけ長く作られつづけているのは、つまりそういうことだと思うんです。時代は変わってしまったけれど、日本人はなんらかのかたちで、侍の血を継承しているし、だからこそ時代劇というものに惹かれるんじゃないでしょうか」

>役所さんは数多くの時代劇に出演されてきました。それは、まさしく、おっしゃる通り、侍の血の体現だと思います。一方で、役所さんのお芝居を拝見していて、いつも感じることがあります。うまくは言えないのですが、それは映画俳優としてのあるべき姿、言ってみれば「正しさ」のようなものです。もちろん役所さんは、舞台でも、TVでもご活躍されているわけですが、映画俳優として何かを継承している意識はありますか。
「正直なところ、何がいい芝居かはわからないんです。はたして、正しい芝居というものがあるのかどうか。わからないから続けている、というところはあるかもしれません。ナチュラルな表現はもちろん大切なことだけど、ただ自然な感じだけでは、何も伝わらないという気はします。しっかり、何かを伝える。その意志は持つようにはしています。それは『十三人の刺客』でも変わらない、確かなことでした」

映画「十三人の刺客」特集展開中!

何をするにしても一生懸命やらないことには意味がないとおもいます。
できるか、できないかではないところだと考えているんですよ。
やる気があるのかないのか、そこですよね!
やる気さえあれば大抵の事はできると思ってる楽天家ですw



PICKUP
スーパーナノレーシック

家出・失踪人の調査

介護保険

多重債務と総量規制

本格中華料理のフカヒレスープ

東京メトロ銀座線神田駅

悩む!結婚式のご祝儀

滋賀で探す顧問税理士/税理士事務所

レーシックの施設

税理士選びのポイント【北海道】


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。