So-net無料ブログ作成

『十三人の刺客』第67回ヴェネチア国際映画祭 コンペティション部門出品決定

『十三人の刺客』第67回ヴェネチア国際映画祭 コンペティション部門出品決定
『十三人の刺客』が、第67回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門に出品されることが決定!
本作の監督、三池崇史さんは『クローズZERO』シリーズや『ヤッターマン』を手掛け、現在の日本映画を牽引するヒットメーカーの一人であり、米国『TIME』誌に"これから活躍が期待される監督"として10位に選出されるなど、海外でもその才能が高く評価されている。同じく第64回(2007年)開催時にも『スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ』にてコンペティション部門に出品。
現地での上映時間は9月3日(金)22時。日本からは三池監督、役所広司さんが現地へ赴く予定。

<三池崇史監督コメント>
やったね。ベニスをサムライの血で染めてあげましょう

<役所広司さんコメント>
(ヴェネチア映画祭コンペティション部門への出品が決まったことを聞いたときは)「やったー!」と。ヴェネチアのお客さんに日本の時代劇を楽しんでもらうことが一番ですね。映画の初号上映後のスタッフ・キャストの異常な盛り上がりが、ヴェネチアの映画祭会場でも見られるのではないかと期待しています。日本映画のお家芸である時代劇が海外で評価されるのは本当に嬉しいこと。『ノルウェイの森』とともに、(受賞に向けて)日本映画がんばります!

<ヴェネチア国際映画祭とは>
カンヌ国際映画祭、ベルリン国際映画祭と並ぶ三大映画祭の一つで、世界最古の歴史を誇る映画祭。第67回を迎える今年は9月1日から9月12日までイタリア・ヴェネチアで開催される。最高賞(作品賞)には金獅子賞が贈られる。
日本映画では、第12回(1951年)黒澤明監督『羅生門』、第19回(1958年)稲垣浩監督『無法松の一生』、第54回(1999年)北野武監督『HANA-BI』が金獅子賞を受賞、1982年には50周年記念行事にて、歴代グランプリ作品中の最高作品として黒澤明監督『羅生門』に「獅子の中の獅子」栄誉金獅子賞が、第62回(2005年)には宮崎駿監督に栄誉金獅子賞が贈られるなど日本映画が高く評価されている過去がある。

関連サイト
映画「十三人の刺客」特集

私は海外へ出た事がありませんし、あまり興味もありません。。
別に行かなくても写真とかみて想像するだけでいいなって感じです。
そりゃお金があれば行ってみたいですけど、、、。
結局行きたいんじゃんww



PICKUP
東京メトロ日比谷線東銀座駅

レーシック・痛みはほとんど無し

借金にも時効はある

安藤 成子 アイドル情報

税理士事務所の選び方[福岡県]

和歌山で引越しの準備 部屋選びの重要ポイント

車種で違う査定額

税理士紹介 東京都中央区

結婚相談所で婚活

カップリングパーティーから始める結婚活動


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。